プロ野球連続タイムリーなし記録は、どの球団で何イニングが調べてみた

プロ野球記録

この記事を書いているのは、2022年8月16日。
この日はある意味世紀の一戦と呼ぶに相応しいかもしれません。

なぜなら、57イニングタイムリーなしの東京ヤクルトスワローズ VS 52イニングタイムリーなしの阪神タイガースの試合が行われるからです(笑)

ざっくりですが、ヤクルト&阪神ファンは6試合程タイムリーを見ていないことになります。

当然、その間のチーム成績は互いに低空飛行となっています。

で、ちょっと気になったのが57イニングも52イニングも、結構な記録なんじゃないか?と思うのですが果たしてタイムリーなしのプロ野球記録はどの球団で連続何イニングなのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク
ヤクルト本紹介
ヤクルトファン必読!!

長谷川昌一さんの名著「詰むや、詰まざるや」が、現在「Kindle Unlimited 読み放題」の作品になっています。

初めての人は30日間の無料体験も可能、一度登録した人でも2ヶ月99円で読めるキャンペーンも実施中!

オリックスとの2年連続日本シリーズも名勝負となりましたが、92年・93年の西武対ヤクルトも現在でも語り継がれる名勝負でしたが、「詰むや、詰まざるや」はこの名勝負をもう一度心躍るような気持ちで見た気になれるスポーツノンフィクションになっています。

プロ野球連続タイムリーなし記録は2022年巨人で72イニング

これは結構遡らないとプロ野球記録は出てこないかな~?と思いましたが、意外とあっさりプロ野球記録に辿り着くことができました。

それもそのはず、プロ野球連続タイムリーなしの記録は2022年に巨人が更新していたからです。

2022年7月14日の阪神戦終了時点で、2018年西武が記録していた67イニングタイムリーなしのプロ野球記録に並びました

そもそも、それまでのタイムリーなし記録を持っていたのが当時“山賊打線”として恐れられていた2018年西武というのも意外でした。

阪神戦の次の日の2022年7月15日広島戦6回裏の攻撃で大城選手がライトへ73イニングぶりのタイムリー2塁打を放ったことで記録が72イニングで途絶え(?)ました。

293打席ぶりのタイムリーなので、打席数にすると292打席ですね。

西武のタイムリーなし記録を抜いたあたりはスポーツ紙でも少し話題になっていたような気もしますが、72イニングぶりのタイムリーが出た時はそれほど話題にならなかったような気が・・・。

まあ自分がヤクルトファンなのでそこまで細かく見ていたわけではないんですけど。

ヤクルトと阪神、どちらが先に呪縛から逃れるのか?

というわけで、2022年8月16日からのヤクルト対阪神の3連戦はタイムリーなし記録にも注目して応燕してみたいと思っております。

タイムリーがない=点が入らないわけではありませんが、やっぱりタイムリーがないってことはチャンスメイクができていないのと、チャンスで打てない(得点圏打率が低い)わけなので、チームの状態としてはどちらも同じような感じだと思います。

なので両球団の選手たちには手に汗握る接戦を期待しています。
ヤクルトとしては、日曜日の試合で打線組み換えまでして山田選手と塩見選手が状態を上げるきっかけになってくれればと思いますが、このタイミングでの阪神青柳投手はなかなかの無慈悲ですね。

▼関連記事▼
山田哲人が不調で打てない…。「引退しろ!」騒動に対するちなヤクの反応まとめ

ランキング参加中♪

気が向いたらクリックしてもらえると、中の人の更新意欲がちょっぴりUPします(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
燕ぼっち

幼い頃に飲み物のヤクルトをきっかけにヤクルトファンに。ファン歴は20年以上だが、神宮球場にはあまり行ったことがない。現地よりもテレビ観戦派のおっさんである。

燕ぼっちをフォローする
プロ野球記録
スポンサーリンク
燕ぼっちをフォローする
燕ぼっちの応燕ブログ〜東京ヤクルトスワローズのファン日誌〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました