中村悠平の怪我(上半身コンディション不良)はぎっくり腰らしいという話

中村悠平

当初ヤクルトの2020年シーズンの正捕手は、中村悠平捕手と嶋捕手の争いになると思われていましたが、中村選手が開幕戦を前に離脱して、嶋選手も骨折してしまいました。

 

こうなったら、古賀・松本・井野・西田選手に頑張ってもらうしかありませんが、個人的にずっと気になっていたのが中村選手の怪我の内容です。

 

球団発表では、怪我について上半身のコンディション不良としか発表されていませんがこれがどうやらぎっくり腰ではないか?とヤクルトファンの間で噂になっています。

 

この記事では、中村選手の怪我について調べてみました。

スポンサーリンク
ヤクルト本紹介
ヤクルトファン必読!!

長谷川昌一さんの名著「詰むや、詰まざるや」が、現在「Kindle Unlimited 読み放題」の作品になっています。

初めての人は30日間の無料体験も可能、一度登録した人でも2ヶ月99円で読めるキャンペーンも実施中!

オリックスとの2年連続日本シリーズも名勝負となりましたが、92年・93年の西武対ヤクルトも現在でも語り継がれる名勝負でしたが、「詰むや、詰まざるや」はこの名勝負をもう一度心躍るような気持ちで見た気になれるスポーツノンフィクションになっています。

中村悠平のぎっくり腰、ソースは7月14日のテレビ中継

まず、中村選手の怪我に関しては、どのスポーツ紙などを見ても上半身コンディション不良としか明かされていませんでした。

 

なぜヤクルトファンの間で「ぎっくり腰」と言われているのか?と言えば、7月14日甲子園での阪神戦でテレビ中継の実況を担当したABCテレビの楠アナが、1回表のヤクルトの攻撃でさらっと「中村捕手はぎっくり腰で離脱」と話していたためです。

 

中の人
中の人

聞き逃した人はDAZNで確認してみてください。

この時の解説はヤクルトでコーチ経験もあってそれなりにヤクルト事情も知っているであろう野口寿浩さんでしたが、特にこのぎっくり腰発言を訂正する様子もなかったことから、関係者の間では中村選手の怪我はぎっくり腰という共通認識なのでしょう。

 

コンディション不良という言葉は、他球団に怪我情報を流さないためにやっているみたいな小川GMのインタビュー記事をどこかで見たことがありますが、他球団担当の実況にまで怪我の内容を知られていていいのでしょうか?(笑)

 

本当にこのコンディション不良はファンを不安にさせるだけの無駄な制度だと思います。

中村選手の復帰はどれぐらいかかるのか?

話を戻して中村選手のぎっくり腰の話です。
確かに、ぎっくり腰だとすれば当日いきなりスタメンを外れてすぐに抹消されたという一連の流れも納得できますね。

 

ちなみにぎっくり腰と言えばヤクルトだと2016年のキャンプ早々に現2軍コーチの畠山選手がぎっくり腰で離脱していましたね。

 

その時は復帰までに1ヶ月半ぐらいで実戦復帰しています。

 

捕手のぎっくり腰で言えば、ロッテの田村捕手も中村選手より一足先にぎっくり腰になっていましたが、2週間ほどで実戦復帰しています。

 

まあ、復帰までの期間は人それぞれだと思いますが、中村選手の場合はまだ二軍戦にも出ていないのでまだまだ時間がかかりそうですね。

 

今年は変則シーズンなので仕方ないかもしれませんが、ちょいちょい怪我人も増えてきましたね。

 

離脱して初めて中村捕手の偉大さを思い知らされていますが、古賀選手や松本選手みたいな若手捕手にはぜひとも頑張ってほしいものです。

7月21日追記

同じく怪我でリハビリ中の奥村選手のインスタで、中村選手がトスバッティングしている様子が公開されていました。

https://www.instagram.com/ys.okumura00/より引用


もう少し時間はかかりそうですが、バッティングはできる状態でいることがわかって一安心ですね。
ちなみに奥村選手も5割程度の力でバッティングができるようになっているようです。

▼関連記事▼

【2020年版】ヤ戦病院の患者名簿一覧~随時更新~

ランキング参加中♪

気が向いたらクリックしてもらえると、中の人の更新意欲がちょっぴりUPします(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
燕ぼっち

幼い頃に飲み物のヤクルトをきっかけにヤクルトファンに。ファン歴は20年以上だが、神宮球場にはあまり行ったことがない。現地よりもテレビ観戦派のおっさんである。

燕ぼっちをフォローする
中村悠平
スポンサーリンク
燕ぼっちをフォローする
燕ぼっちの応燕ブログ〜東京ヤクルトスワローズのファン日誌〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました