【ソフトバンク移籍確定】SBファンに贈るバレンティンの説明書

バレンティン

「お待たせしました。
いや、お待たせしすぎたのかもしれません。」

ヤクルトファンからすればとうとうこの日がやってきてしまいました。
バレンティン選手のソフトバンク移籍が確定。

背番号は「4」年俸は2年契約で5億円
ニュースを見ると、元ヤクルトの川島選手が男気で背番号を譲った模様。
そんなバレンティン選手のソフトバンク移籍が決定したのでソフトバンクファンの方に向けてバレンティン選手の取扱説明書や、自分の思いなどを綴りたいと思います。

ここからはバレンティン選手、あらためバレンティンと呼ばせてもらいましょう。

スポンサーリンク

バレンティンがソフトバンクに移籍した理由(憶測)

正直、ヤクルト以外にバレンティンを受け入れられる球団があるなんて思ってもみませんでした。

えぇ、完全に油断です。
あれだけソフトバンク移籍確実と言われていながらも、心のどこかで「なんだかんだで今年もヤクルト残留なんじゃないの?」とタカをくくっていました(笑)

個人的には、かなり悩んでいたと推測します。
そしてソフトバンク移籍を決断した理由は、ヤクルトが獲得を発表したマット・クック選手ではないかと。

さすがにヤクルトにはバレンティンを引き留めるお金(誠意)はない。

その代わりにエスコバー・イノーアとバレンティンが好きそうな中南米の選手を獲得していたのだと勝手に思っていました(笑)

奇しくもバレンティンがツイッターで「ほぼ決めた」と投稿したその日。

ヤクルトが獲得したのは、米国人のマット・クック。

【補強終了】ヤクルトがマット・クック投手の獲得を発表!投球動画や今シーズン見せたガッツ溢れるファインプレーを紹介
東京ヤクルトスワローズがマット・クック投手と契約合意したと発表がありました。そんなマット・クック投手の基本情報や投球動画をまとめました。ガッツ溢れるファインプレーは必見です!

いや、そこは揃えろよ~!」と。
悪いのはクック投手ではなく、編成です(笑)

僕はその瞬間にようやく、バレンティンのソフトバンク移籍を確信しました。

甲子園で空から魚が降ってきたトラウマで屋根付きの球場を選んだとか、年俸5億の2年契約と背番号4の好条件と表向きでは言われますが、最後の補強が中南米の選手であれば残留だったと今でも思っております。

福田選手のFAでも最初から年俸出し渋って、徐々に上げてみたりと一体ヤクルトの編成はどうなっているのでしょうかね?

バレンティンの取扱説明書(ソフトバンクファン向け)

ソフトバンクファンの方にバレンティンの取扱説明書を紹介します。
実際に起用するのは首脳陣ですが、ソフトバンクファンにも生暖かく見守ってほしいです。

打率2割5分~7分、HR30本は期待できるでしょう。
最高の気分屋で、集中している時は追い込まれてもコンパクトな打撃で逆方向にヒットを打ったりします。(コンパクティン)

※奥さんや娘さんが来日している時は特に期待できます。

一方で、外角低めの正確に言えばボールとなるコースをストライク判定取られると一気にやる気がなくなります。

厄介なのはその打席だけでなく、その日のそれ以降の打席でも振り回します。
得意な球種や苦手のコースなどといった概念はなく、その打席での機嫌が良いか?悪いか?で期待値が変動します。

こんな感情に左右される不安定な感じなのに、キッチリ毎年30HRは打つのがバレンティンの凄さです(笑)

打席に離れて立つので死球は少ないですが、当てたらほぼブチギレします。
迅速に間に入らないと退場になります。

守備は上手くありません。
打球を追う時も遅いです。
肩は強いですが、バックホームのボールは捕手の遥か上を通過することも。

でも、DHではなく守備に入りたがります。

稀に飛び出すスライディングキャッチや、全速力で打球を追いかけた後は、太ももなど足を痛がる素振りを必ずします。

怪我かな?と思うかもしれませんが、大丈夫です。
何でもありません。

ちょっとファンのフラストレーションが溜まったあたりで、スカッとする豪快なホームランや良い場面で打点を稼いでくれます。

チームメイトやファン想いで、新加入の外国人選手の面倒を見たりする一面もあります。

日本語のリスニングは完璧みたいですが、喋りは今もそこまで上手くありません。
しかし、日曜日のヒーローインタビューでは、月曜日=休みというファンへの注意喚起を忘れません。

どうかソフトバンクファンの皆様、バレンティンへ熱い声援をよろしくお願い致します!

どうなる?バレンティン抜けた後のヤクルト

バレンティン退団には賛否両論あると思いますが、個人的には2013年を筆頭にチーム状況が悪いながらもバレンティンのおかげで楽しめた試合がたくさんあります。

60本塁打の時は本当に鳥肌ものでした!

もちろん、怠慢守備や淡泊な打撃でイラッとすることもありましたが、ヤクルトに助っ人として来てくれて最高でした。

毎年のように引っ張る契約交渉でも、最終的にヤクルトに残留してくれるというヤクルト愛も感じていました。

が、決まってしまったものは仕方がない。
ソフトバンクで活躍してもらって、日本シリーズで再会できたら最高です。
特にパ・リーグに好きな球団はありませんが、2020年はソフトバンクに注目したいと思います。

さて、一方のバレンティンが抜けたヤクルトですよ。
まあレフトの守備に関しては誰が守っても守備力は向上すると思うので特に問題ありません。

塩見選手が2軍とかオープン戦での成績を1軍でも残してくれたら、4番山田選手で何の問題もないと思うんですけどね。

(村上選手には来年もまだ6番あたりで気楽に打ってほしい派)

なんとか塩見選手のメンタル改造が成功してくれるのを願うしかなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました