ヤクルトから2019年アジアウインターリーグに参加した選手の成績・結果まとめ

ニュース

2019年台湾で行われたアジアウインターリーグ(AWB)は、社会人選抜が初優勝しました。

ヤクルトからは、金久保優斗投手・ジュリアス投手清水昇投手・古賀優大捕手・吉田大成内野手・濱田太貴外野手の6名がNPBレッドとして参加して、決勝戦まで進みました。

決勝戦は残念ながら敗れてしまいましたが、育成の日隈ジュリアス投手が最優秀投手賞を受賞しました!

過去には村上選手もこのアジアウインターリーグの活躍を次年度の大きな飛躍に繋げている例もあるので期待したいですね。

この記事では、ヤクルトからアジアウインターリーグ2019に派遣された6人の成績を台湾のAWB公式サイトから引っ張ってきてまとめてみました。

スポンサーリンク

日隈ジュリアス

5試 先発2 中継3(15回) 2勝0敗 防御率0.60 奪三振11 与四球3

支配下登録を目指すジュリアス投手は、冒頭でも紹介したように最優秀投手賞を受賞するなど今大会では大活躍を見せました。

全ての試合を見たわけではありませんが、以前よりもコントロールが安定したように思います。

個人的には中継ぎの左投手が少なすぎる気がするので、ジュリアス選手にはぜひとも来季のキャンプでまずは支配下登録を勝ち取ってもらって1軍でも投げられるようにしてもらいたいですね。

このウインターリーグの成績だけでも支配下にしてあげてもいいんじゃないだろうか?笑

▼合わせて読みたい▼
ヤクルトの契約更改の日程や2020年度の年俸まとめ@つば九郎情報も!

金久保優斗

10試 先発0 中継10(11.1回) 1勝0敗 防御率2.38 奪三振11 与四球4

ジュリアス選手と同様、緊急招集となった金久保選手ですがこれは参加して良かったのではないでしょうか?

右肘の故障で1年目から躓きましたが、この感じなら3年目の来季は期待できそうですね。
今季も実質7月から2軍戦で投げたぐらいなので、契約更改で言っていたようにオフに増量してぜひ1軍で投げられるように頑張ってほしいですね。

清水昇

5試 先発4 中継1(18.1回) 1勝2敗 防御率4.42 奪三振21 与四球7

いや~、もう何とも言えませんね・・・。
決勝でも3失点で2試合連続で試合を作れずに全体でもこの成績だとかなり厳しいかと。

まあドラ1即戦力投手みたいな触れ込みで入団しなければ捉え方は全然違ったと思いますが、さすがに今シーズンの防御率も圧倒的でAWBでもこれだともはやスカウトの責任ではなかろうか?

すでに来季の先発ローテを予想しているヤクルトファンもちらほら見るけど、清水選手を来季の先発ローテに入れている人はどの辺が計算できるのか?理由を聞いてみたい。

バカにしているとかではなくて、純粋に知りたい。

古賀優大

9試 打率.250(16-4) 本0 打点2 盗塁0 三振0 四死球4

嶋選手の加入で激化しているヤクルト正捕手争い。
そんな中で個人的に将来的に期待しているのが古賀選手。

2軍でものにしたというバスター打法がウインターリーグでも継続して好調のようですね。
2軍成績では圧倒的に三振が少ない選手ですが、今大会も三振は0。
それに連れて四球も多くなって粘り強いバッティングが増えれば捕手としては十分でしょう。

肩も強いので捕逸を減らせればレギュラー争いにも加わることができそうですね。

吉田大成

17試 打率.304(46-14) 本2 打点6 盗塁2 三振13 四死球10

打者で目立った成績を残したのが吉田選手。
フェニックスリーグ後のスポルティーバの取材で手打ちから青木選手のように体を使ったスイングを習得してから凄く打ちやすくなったと本人が答えているように、どうやら自分のスタイルを見つけたようですね。

本塁打も2本と長打力も備わってくれば期待大ですね。
村上選手の守備位置や、山田選手の去就、エスコバー選手の加入など、吉田選手の守備位置がどうなるのか?はハッキリとわかりませんが打てるようになったら十分レギュラーもあるでしょう!

オープン戦は吉田選手に注目して見たいと思います。

濱田太貴

16試 打率.180(50-9) 本0 打点3 盗塁4 三振20 四死球6

ファーム優秀選手に選ばれた濱田選手もヤクルトファン注目の一人です。
相変わらず台湾でもいいスイングしてますね~。

本塁打が出なかったのがちょっと残念でしたね。
三振は相変わらずと言ったところでしょうか。

まあ濱田選手に関してはもう少し時間がかかると思うので、しっかりと少しずつでも成長してもらいたいです。

ただこのスイングと足の速さは1軍で出場できるようになると魅力ですよね。

ヤクルト2019年アジアウインターリーグまとめ

以上、ヤクルト選手の2019年アジアウインターリーグの成績でした。

ちょっと清水選手に関しては愚痴っぽくなってしまいましたが、ぜひ手首が折れる程の手の平返しをさせてくれることを来シーズンは期待したいと思います。

参考記事一覧

期待のヤクルト新人トリオが猛練習。凡事徹底と個性を磨き激アピール

コメント

タイトルとURLをコピーしました