コロナ特例でヤクルト山田のFA権はどうなる?他2選手のFA取得までの日数とファンの反応まとめ

FA制度

新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕日はおろか、本当に開幕できるのか?すらわからなくなってきたプロ野球。

ヤクルトは緊急事態宣言を受けて5日間の活動休止期間に入りました。
そんな中で現在ヤクルトファンの関心事となっているのがFA制度のコロナ特例。

2020年シーズンが順調に消化されていた場合、今シーズンにFA権取得の可能性があったのが山田選手・小川投手・荒木選手の3人です。

今一度、この3人のFA権取得までの日数と現在検討されているFA制度のコロナ特例についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

山田選手・小川投手・荒木選手のFA取得までの日数は?

まずは、各選手の国内FA権取得までの日数がこちら。

山田選手・・・77日
小川投手・・・53日
荒木選手・・・116日

FAの取得日数に関する1年は「1軍登録された日数145日」とイコールです。
つまり、昨シーズン終了時にFA取得までの日数が145日以下であれば、来シーズンのFA取得の可能性がある状態となります。

余談ですが、上記3人の次にFA取得が近いのは石山投手の1年と27日(172日)です。

▼関連記事▼
【無念】ヤクルト山田哲人の2020年契約更改!年俸5億円について思ったこと

コロナ特例関係なく、山田選手のFA権取得は不可避!?

現在、12球団とNPB代表者が協議するプロ野球実行委員会で話し合われているのは今シーズンに限ってFA取得日数を短縮するという案です。

スポーツ紙の記事を見ると、ヤクルトは山田選手&小川投手がいるためこのFA権取得日数の短縮に積極的ではないらしいですが、どう考えてもこの二人の今シーズンのFA権取得は不可避でしょう。

現時点で143試合消化は厳しいと言われていますが、荒木選手の116日ならまだしも、山田選手の77日でも2ヶ月ちょっとですからね。

可能性としては、2020年シーズンが無くなるか、怪我で今シーズンの大半を棒に振るか?のどちらかですが現実的ではないでしょう。

怪我でFA権取得日数が延びたとしてもファンとしては全く嬉しくないですからね。
唯一懸念されるのが、2020年シーズンが無くなった場合に今シーズンにFA権を取得する予定だった選手のFA取得日数が短縮される事態ですね。

可能性は限りなく低いと思いますが、1試合もせずにFA宣言なんてことになったら最悪です。

どちらにしても、山田選手と小川投手が今シーズン中にFA権を取得するのは不可避なのでヤクルトファンとしては残留を願うしかないですね!

▼関連記事▼
プレミア12でヤクルト山田が放った逆転3ランのボールが野球殿堂博物館に!

ヤクルト2020年FA権に対するファンの反応

FA制度
スポンサーリンク
燕ぼっちをフォローする
燕ぼっちの応燕ブログ〜東京ヤクルトスワローズのファン日誌〜

コメント

  1. 今年はFA中止にして欲しい。

タイトルとURLをコピーしました