元燕・バーネットが現役引退!引退理由やヤクルト在籍時の思い出を語る

退団選手

2010年~2015年までヤクルトでプレーしていたトニー・バーネット選手が引退を決断したようです。

自身のインスタグラムで現役引退について投稿しています。

ちゃんとヤクルトのユニフォームまで!(しかも2着)

中の人
中の人

こういった写真のセンスとかがバーネットは最高なんですよね!

引退メッセージ

応援してくれてありがとう。もしあなたがその軸足でバランスを取り、私のように投げようとしたなら、ありがとう。
私はそれが私に働くと君たちに話しています。

あなたが私を見上げたり、サポートのメッセージを送ったり(彼らの声が聞こえました)、私の青春期にドルを寄付したことがあれば、それは無駄にはなりませんでした。私はあなたに会うとき、私があなたに本当に感謝していることをあなたに伝えることができることを望みます。

私は生涯、世界で最高のゲームをプレイする特権を持っていました。私は夢を生きました。
野球選手であることは名誉なことです。私は私の最後のピッチを投げました。

中の人
中の人

英語わからないのでただ翻訳ソフトに入れただけです(笑)

スポンサーリンク
ヤクルト本紹介
ヤクルトファン必読!!

長谷川昌一さんの名著「詰むや、詰まざるや」が、現在「Kindle Unlimited 読み放題」の作品になっています。

初めての人は30日間の無料体験も可能、一度登録した人でも2ヶ月99円で読めるキャンペーンも実施中!

オリックスとの2年連続日本シリーズも名勝負となりましたが、92年・93年の西武対ヤクルトも現在でも語り継がれる名勝負でしたが、「詰むや、詰まざるや」はこの名勝負をもう一度心躍るような気持ちで見た気になれるスポーツノンフィクションになっています。

バーネットの引退の理由は?

メジャーに渡ってからもレンジャーズでは2年連続50試合以上登板するなど頑張っていたバーネット選手。

昨シーズンはシカゴ・カブスに移籍しましたが、2018年に痛めた右肩の炎症が原因でシーズンに出遅れてしまい、6月にメジャー復帰するも、カブスがシーズン途中に獲得したキンブレル投手のメジャー昇格のために3Aに降格。

さらに「家族と見直すことがある」として3Aからも離れた状態となっていました。
その報道で、一部では家族間の問題といった報じられ方もしていましたが、本人のツイッターやインスタグラムを見る限りではおそらく引退することについて今後のステップも踏まえて家族と話したかったのだと思います。

メジャーでFAとなった時など、度々ヤクルトファンの間では獲得が熱望されていました。
今回の引退発表までの空白の期間にも地味に期待していた人もいると思います。

正直ヤクルトだったらまだバリバリやれそうなのでもったいない気もしますが、
もしかしたら右肩の故障の影響もあるのかもしれませんね。

ヤクルト退団後もヤクルトやファンに対する感謝の気持ちをずっと伝え続けてくれたバーネット選手。

今後も何かしらの形でヤクルトに関わっていてもらいたいですね。

バーネット選手のヤクルト時代を振り返る

個人的に印象に残っているバーネット選手のヤクルト時代の出来事を少し振り返りたいと思います。

ヤクルトファンの心が奪われたポスティングでのメジャー行き

バーネット選手のヤクルト愛を語る上で欠かせないのが15年オフのメジャー行きでしょう。

残念ながらポスティングでのメジャー移籍は叶わなかったわけですが、「ヤクルトへの感謝の気持ち」と球団にお金が入るようにMLB経験者としては異例のポスティング制度を利用した移籍を模索していたその心意気に多くのヤクルトファンが心を奪われたことでしょう。

開幕から23試合連続無失点

個人的にプレーで一番印象に残っているのが2015年のこの時期ですね。
それまでは投げるボールは凄いけど、「イライラし始めたら終わり」みたいなイメージだったのですが、2015年は「出家でもしたのか?」と思うほど試合中とてもメンタルが整っていて闘争心を内に秘めた最強の戦士みたいな印象がありました。

特に中日戦?だったか、制球が乱れてノーアウト満塁になって今までだったらイライラして崩れていた場面を抑えた時は鳥肌が立ちましたね。

ブチギレ・バーネット

2015年より前のバーネット選手はとにかくブチギレるイメージの熱い男でした。
印象的だったのは、中日戦で起きたフィルダースチョイス。

今でも忘れません。
2アウト1・2塁で三ゴロを当時サードの宮本氏が2塁に投げてセーフ。
アウトと勘違いしたのか?ボールを受けた森岡氏が、2塁ランナーのホーム生還を刺せずに失点。

宮本氏・森岡氏・2塁塁審の誰に怒っていたのか?当時話題になりましたね(笑)
最初は明らかにホーム送球を指示したのに投げなかった森岡氏への怒りと思われましたが、途中から塁審への怒りに変わっていったように思います。

さらにもう一つ、バレンティンとの揉み合いもかなり衝撃的でした。

忘れもしない2014年8月19日の巨人戦。
2アウト1塁から3塁線を抜けた打球をバレンティンがクッションボールの処理にもたついてランナーの生還を許して同点に。

チェンジ後にバレンティンにブチギレて揉み合いに。
その場は一旦収まったものの、次の打席で三振に倒れたバレンティンがベンチで投げつけたヘルメットが運悪くバーネットの元に・・・。

ロッカールームに消えたバレンティンをブチギレたバーネットが追う展開に。

この一連の映像がフジテレビONEのカメラに抜かれていて軽い放送事故みたいになってましたね。

まあ今となってはそれだけ熱い男だった言えますが。

バーネットダンス

試合終了や優勝決定時のまるでダンス踊っているかのような派手なガッツポーズパフォーマンスも話題になりましたね。

この辺は2chまとめなんかでgif動画がたくさん出回っているので、興味のある人は引退の機会にもう一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

個人的には神宮ダグアウト前の線審バーネットが好きです(笑)

まとめ

ついこの前ロマン選手も引退してしまったので2015年のROBも現役を続けているのはオンドルセク選手だけになってしまいましたね。

▼関連記事▼
【2015年版】ヤクルト退団選手(引退・戦力外・自由契約)のその後

ロマン選手とバーネット選手がヤクルト愛溢れるナイスガイなだけに、揉めて退団したオンドルセクにはあまり気持ちが入らないのですが(笑)

バーネット選手にはなんでもいいですが、引退後に神宮に来てもらう機会を作ってほしいものですね。

ランキング参加中♪

気が向いたらクリックしてもらえると、中の人の更新意欲がちょっぴりUPします(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
燕ぼっち

幼い頃に飲み物のヤクルトをきっかけにヤクルトファンに。ファン歴は20年以上だが、神宮球場にはあまり行ったことがない。現地よりもテレビ観戦派のおっさんである。

燕ぼっちをフォローする
退団選手
スポンサーリンク
燕ぼっちをフォローする
燕ぼっちの応燕ブログ〜東京ヤクルトスワローズのファン日誌〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました