バーネットが編成部アドバイザーとして浦添の春季キャンプに!ファンの反応は?

未分類

引退を発表したバーネット選手がヤクルトの編成部アドバイザーに就任することが球団から発表されました。

元ヤクルトの選手で編成部アドバイザーとなるのはアーロン・ガイエル氏に続いて二人目です。

さらにアドバイザーになったバーネット氏が浦添で行われる春季キャンプに視察に来るんだとか。

この記事では、編成部アドバイザーの仕事や、春季キャンプ視察の日程、ヤクルトファンの反応を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

編成部アドバイザーってどんな仕事なの?

まず編成部アドバイザーというポジションですが、どんな仕事をするのでしょうか?

米国に滞在しながらチームへのアドバイスや外国人選手のケア、スカウトなど幅広くサポートする。小川GMは「チームの状況を踏まえて、メジャー経験者として幅広くサポートしてもらう」と話した。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01300508-nksports-base

選手のケアという部分では、ヤクルト在籍時に外国人選手の兄貴的な存在だったのでバーネット氏には向いているかもしれませんね。

ちなみに2018年シーズンには、バーネット氏と同じ大学でチームメイトだったウルキデス選手をヤクルトに紹介したという過去もあります。

シーズン途中の緊急補強的な面もあったのであまり活躍はできませんでしたが・・・。

駐米の編成部アドバイザーと言えば、2019年にアーロン・ガイエル氏が就任したのでバーネット氏で二人目となります。

▼関連記事▼
【魔将ガイエル】魔空間を操るヤクルト人気外国人助っ人のエピソードをまとめてみた

正直なところ、「アドバイザーって二人も必要なのか?」とも思いますが、(笑)
バーネット氏の場合は実務的な面よりも球団功労者に対する配慮みたいな側面のほうが強いのかもしれませんね。

それがヤクルト球団の良いところでもあるのでファンとしても納得です。

2020年春季キャンプを視察予定

そんなバーネット氏ですが、2020年春季キャンプを視察に訪れる予定になっています。
日程は2月6日~19日迄。

おそらくここで助っ人達とコミュニケーションを図るのでしょう。

「ヤクルトで引退セレモニーを!」と願っていたファンも多いので、これは浦添キャンプを見学に行く人には嬉しいサプライズですね。
(セレモニーとかはやらないと思いますが)

ヤクルトファンの反応

いくつかヤクルトファンの反応を紹介しましょう。

やっぱりヤクルト愛が強いのでファンにも愛されていますね。

バネキの意味とは?

ちなみに一部ヤクルトファンの中ではバネキと呼ばれているバーネット氏。
これは、阪神の金本氏が「アニキ」と呼ばれていたことから、外国人選手の兄貴的存在だったバーネット氏の名前をかけて「バネキ」と呼ばれ始めたのが定説です。

ランキング参加中♪

気が向いたらクリックしてもらえると、中の人の更新意欲がちょっぴりUPします(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
燕ぼっち

幼い頃に飲み物のヤクルトをきっかけにヤクルトファンに。ファン歴は20年以上だが、神宮球場にはあまり行ったことがない。現地よりもテレビ観戦派のおっさんである。

燕ぼっちをフォローする
未分類 退団選手
スポンサーリンク
燕ぼっちをフォローする
燕ぼっちの応燕ブログ〜東京ヤクルトスワローズのファン日誌〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました