2020年ヤクルト浦添キャンプのオープン戦チケット発売日&購入方法

キャンプ

2020年の沖縄浦添キャンプ中に行われるヤクルト主催のオープン戦チケット販売情報が発表されました!

浦添で行われるオープン戦チケットの購入方法や、ネット・テレビでの中継情報について詳しく紹介したいと思います。
ヤクルト主催は2月22日と24日の2試合ですが、23日にも日ハム主催で3日連続でオープン戦が続くので、23日のチケット情報についても調べてみたのでヤクルト浦添キャンプに行く人は参考にしてください。

スポンサーリンク
ヤクルト本紹介
ヤクルトファン必読!!

長谷川昌一さんの名著「詰むや、詰まざるや」が、現在「Kindle Unlimited 読み放題」の作品になっています。

初めての人は30日間の無料体験も可能、一度登録した人でも2ヶ月99円で読めるキャンペーンも実施中!

オリックスとの2年連続日本シリーズも名勝負となりましたが、92年・93年の西武対ヤクルトも現在でも語り継がれる名勝負でしたが、「詰むや、詰まざるや」はこの名勝負をもう一度心躍るような気持ちで見た気になれるスポーツノンフィクションになっています。

2020年ヤクルト主催オープン戦チケット情報

【販売開始日】

2020年1月17日(金)9:00~

【対象試合】

2月22日(土)東京ヤクルト-広島カープ(11:30開門/13:00試合開始予定)
2月24日(月・休)東京ヤクルト-阪神タイガース(11:30開門/13:00試合開始予定)

燕ぼっち
燕ぼっち
ヤクルトが浦添キャンプ中に行われるオープン戦は全部で3試合ですが、2月23日に開催される日本ハムとのオープン戦は日ハム主催で名護で開催されます。

【チケット価格&販売場所】

≪前売りチケット≫

・内野自由席 大人:2,500円
・内野自由席 小・中学生:1,500円
・外野自由席 大人:1,500円
・外野自由席 小・中学生:500円

販売場所

・ローソン各店舗(広島戦 Lコード:81849/阪神戦 Lコード:81873)
・ファミリーマート各店舗
・セブン-イレブン各店舗
・浦添市役所観光振興課
・ANA ARENA浦添(浦添市民体育館)事務所
・浦添商工会議所

≪当日チケット≫

・内野自由席 大人:3,000円
・内野自由席 小・中学生:2,000円
・外野自由席 大人:2,000円
・外野自由席 小・中学生:1,000円

販売場所

・ANA BALL PARK 浦添(沖縄県浦添市仲間1丁目13-1)

2020年浦添キャンプでのオープン戦テレビ&ネット中継は?

ヤクルト主催のオープン戦に関しては、フジテレビONEが番組制作を行っているのでスカパー!やJ:COM、ひかりTVなどでフジテレビONEを契約していれば視聴できます。

この記事を書いている時点ではまだ公式発表はありませんが、リアルタイムで浦添市民球場の様子が配信される「浦添配信」が2020年のキャンプでも配信されれば無料で視聴できます。
(固定カメラなので見づらいですが・・・)


DAZNではプロ野球のオープン戦は一部しか放送されません。

2020年のプロ野球放映権に関しては、例年3月20日頃に決まりますがそもそも2019年はヤクルトの放映権は取得されなかったので浦添で開催されるヤクルト主催のオープン戦はDAZNでは見れる可能性少ないと思います。

燕ぼっち
燕ぼっち
2月23日の日ハム戦ならDAZNで見れる可能性もあるかも!

浦添キャンプ以降のオープン戦日程やチケット情報は下記の記事で紹介しています。

▼関連記事▼
2020年ヤクルトのオープン戦日程やテレビ・ネット中継&チケット情報まとめ

2020年ヤクルト浦添キャンプオープン戦チケット情報まとめ

ここまでは、ヤクルト主催のチケット情報を紹介しましたが、2月23日に開催される日ハム主催のオープン戦チケットの販売情報はまだ公開されていません。

一応過去の販売情報で行くと、1月19日頃に発売日が発表されて1月23日頃に販売開始になるパターンと1月31日頃に発売日が発表されて2月5日頃から販売開始される2パターンがあるみたいです。

せっかく沖縄で3日連続でオープン戦が行われるのでどうせなら全試合見たいですよね。
ヤクルト主催で浦添市民球場で行われるオープン戦を観戦する際の球場までのアクセスなどは下記の記事でまとめているので参考にしてください。

▼関連記事▼
ヤクルト沖縄浦添キャンプでの移動手段と快適に移動するコツ

ランキング参加中♪

気が向いたらクリックしてもらえると、中の人の更新意欲がちょっぴりUPします(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
燕ぼっち

幼い頃に飲み物のヤクルトをきっかけにヤクルトファンに。ファン歴は20年以上だが、神宮球場にはあまり行ったことがない。現地よりもテレビ観戦派のおっさんである。

燕ぼっちをフォローする
キャンプ
スポンサーリンク
燕ぼっちをフォローする
燕ぼっちの応燕ブログ〜東京ヤクルトスワローズのファン日誌〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました