ドラ1清水、シート打撃で滅多打ち&怪我人続出【浦添キャンプレポート】

キャンプ

さて、すでに第2クールに突入しているヤクルトの浦添キャンプ。
今年はありがたいことにキャンプ中継があるので毎日のようにテレビで垂れ流しています。

▼関連記事▼
【無料】2020年ヤクルト春季キャンプのテレビ放送&ネット中継情報を詳しく

ヤクルト公式サイトにもキャンプレポートがありますが、基本ポジティブなのでここは敢えてネガティブな部分を紹介しておこうかと思います。

スポンサーリンク

ドラ1清水がシート打撃で滅多打ちに合う

この日の見所は午前中に行われたシート打撃。
登板したのは星投手・清水投手・長谷川投手・今野投手・坂本投手の5人だったかな?

その中で特に気になったのが清水投手。
キャンプインしたばかりのこの時期、どちらかと言えば打者は早いボールや生きた球に目が慣れていないので投手有利と言われています。

ただ、シート打撃の守備も全ポジションが選手じゃなくて球団スタッフが守りに入っているので本来ならアウトだろうけどヒット扱いみたいなこともあったりします。

そんな中で清水投手の登板。

山崎選手「カキーン」(2塁打)

村上選手「カーン」(1,2塁間への鋭い打球)

松本選手「カーン」(インコースをライト前に流し打ち)

いやいやいやいやいや・・・。
ギャグかと思って映像見ながらちょっと笑ってしまいましたよ。

去年のフェニックスリーグはヒット打たれながらも点はあまり取られずに防御率1.57で見栄え良かったのに、期待していたウインターリーグではボコボコに打たれ。

▼関連記事▼
ヤクルトから2019年アジアウインターリーグに参加した選手の成績・結果まとめ

この時も酷評した覚えがあるのですが、なんというか・・完成形がわからない。

でもドラフト1位で、今年のキャンプは1軍スタートと球団から高評価を受けている要素が自分にはわからないので、とてももどかしい気持ちです。

例えばこれがドラフト1位じゃなくて、2軍キャンプだったらここまでは思いません。

まあキャッチャーが古賀選手⇒嶋選手に代わってからはキッチリ抑えていたので「捕手が悪い」と言えないこともないです。
(そういう意味では嶋選手の獲得は本当に大きな意義があったなと)


 

中の人
中の人

もちろんまだシート打撃を1回見ただけなのでシーズンが始まったら手首が折れるぐらい掌返しさせてもらいたいものです。

長谷川投手はいい感じ

一方でソフトバンクの育成から獲得した長谷川投手は良かったですね。
あの球威はヤクルトの投手陣にもなかなかいないですね。

高橋投手レベルの期待はできるかなと思います。
ただソフトバンクファンの情報によると、実戦やここって時のコントロールが乱れる傾向にあるらしいので実戦形式でも注目したいです。

▼関連記事▼
ソフトバンク育成の長谷川宙輝をヤクルトが獲得!どんな選手?

長谷川選手が成功したら、どうせヤクルトは育成あまり獲らない&育てられないのでもう他球団(主にソフトバンク)の育成4年目狩りに切り替えるのもいいかもしれません(笑)

怪我人続出!?

もう一つネガティブな話題を。

キャッチャーの中村選手が下半身の張りで別メニュー調整になっていましたが、中村選手に続いて村上選手も下半身の張りで別メニュー、さらに奥村選手も下半身のコンディション不良で別メニューとなっています。

開幕が早いのが関係しているのか?わかりませんが、嫌な予感がしますね。
下半身の張りぐらいなら大したことないと思いますが、インフルエンザで2ヶ月ぐらい離脱するような球団なので不安です。

コメント

  1. 村上くんは軽症?のようで安心しました。
    安打打ったって事は大丈夫なんですよね?

    • 燕ぼっち 燕ぼっち より:

      ヤクルトファンさん

      コメントありがとうございます。管理人です。
      村上選手はこの安打を放った7日のシート打撃後に下半身の張りを感じたらしく、
      そこから2日連続で別メニュー調整になっています。

      本人は大丈夫と言っていますが、昨年の秋季キャンプも下半身の
      コンディション不良で離脱しているのでファンとしては少し心配ですね。

タイトルとURLをコピーしました